キロンでわかる12星座別の傷と癒し/占星術・ホロスコープ:星占い.net

生まれた時の太陽・月・水星・金星が何座にあったかを調べることができる12星座早見表に加えて、キロン早見表(1960年~2029年対応)をアップしました。

すでに、数名の方がご利用くださっているようですが、キロンを調べると何がわかるの?と思った方もいらっしゃると思うので、今日はキロンについて書きたいと思います。

キロン豆知識

◇天文学的には…

天文学的には、1977年10月18日、チャールズ・トーマス・コワルによって発見された彗星・小惑星遷移天体です。(小惑星として発見されたものの彗星の動きが確認され彗星とされていましたが、その後枯渇したため小惑星となった天体です。)

キロンは、土星と天王星の間の軌道にあり、楕円を描き時折はみ出しながら周回しています。

ケンタウルス族の軌道です。

軌道を一周するのに約50.76年かかります。

また、キロンは やや速度も遅く、頻繁に止まったり後退したように見える動きをしています。
トータルすると、一年のうち5ヶ月 くらいは止まったり後退しています。

ケンタウルス族の軌道にある天体は動きが不安定で、キロンはいつか巨大惑星に飲み込まれてしまうのではないかとも予測されています。

(ケンタウルス族の軌道には、キロンの友人フォルスという天体もあり、私はこの天体にも関心を持っています。今はまだ知識不足で書けるレベルには至りませんが、いつかキロンとともに追加記事が書けたらいいな…と思っています。)

◇ギリシャ神話では…

ギリシャ神話では、ケンタウロス族の一人ケイローンです。ここから名前を付けたと言われています。私はキロンと書いていますが、Chiron(カイロン)、キローン、ケイロンなどいくつかの表記があります。

ケンタウロス族のケイローンは、半人半馬の容姿をしていて、戦士であり、学者(医者)であり、教師であり、ヒーラーであり…本能と知性を併せ持った優れた者で(怪獣)でした。

不死の命を授けられていましたが、ある時、謝って仲間の矢に射られてしまいます。ケイローンは痛みに耐え生きることが辛く死を望みます。不死の命を他者(フォルス)に譲り、死を選び、ゼウスによって天にあげられ星座(射手座)となりました。

ケイローンは、矢に射られた傷を負ったことから、命と向き合うことになりました。

ここに、キロンから引き出したい占星術的解釈があります。

キロンの占星術的解釈

キロンは、【癒しの星】や【生まれた時に記憶された傷を示す星】と表現されることが割と一般的です。

その理由は、医者、ヒーラーであったからですが、ギリシャ神話から考えれば、自らが傷の痛みを知っているから癒すことができるという理解ができます。

生まれた時ケイローンに与えられていた傷は、精神と肉体が一体であることを受け入れることで癒される傷だと考えます。そのために学問を探究し高尚となり、本能(半馬の能力)とともに生きたのだと思います。

ケイローンは、不死の命を授かっていたわけので、射られ傷を負うまでは命と向き合う必要がなかったでしょう。

しかし、生きることの辛さと命を絶つ葛藤によって、生まれた時に負っていた傷と向き合う体験することになったのです。

命と向き合うということは、自意識と無意識に存在する自己との戦いでもあります。普段は知ることのないことに触れる機会が与えられると考えるとわかりやすいでしょうか。

弱気になる、悲しみや苦しみを知る、気づいていなかった感情に触れるなど、内省によって、自分だと思っていた自分が崩され、心の深いところに沈んでいた自分を見せつけられたり、知らされたりすることがあると思います。

私たちは、自覚している世界を通して、自分を知るわけですが、すべてを知っているわけではありません。知らない部分(無意識)に存在する自分というものがあり、そこに存在する自分には傷があるということをキロンが示しています。

この傷は生まれた時についた傷と解釈し、傷に触れる機会は日常的にあると考えることができます。

日常的には、かすめるくらいで痛みも感じるか感じないかということが多いと思いますが、強く触られたり、叩かれたりした時には、大変な痛みを感じることになります。

これが、心の奥から湧き上がって来る「傷ついた」「裏切られた」「信じられない」「辛い」「悲しい」といった感情を伴う「立ち直れない状態」を自覚させます。

◇生まれた時に傷を負うとは?

生まれる瞬間のことを知っていると言える人は極まれにいると思いますが、知らないという人でも記憶されていると考えてよいでしょう。

生命が誕生する時は、母親は並外れた痛みに耐え、力を振り絞り、生命力を出し切って、本当に大変です。

しかし、誕生する赤ちゃんも命がけ…生命力を出し切って、この世に現れるのです。

羊水に守られていた状態は一変し、呼吸できるところを目指さなければならなくなります。呼吸が出来るようになるまでの時間はそれぞれ異なりますが、境界地帯をもがき抜け出なければなりません。この時の苦しさが記憶されると考えてみてください。何となく【生まれた時に記憶された傷】があるのがわかる気がしませんか?

あの世の前室での記憶が消え、最初の記憶が誕生の時刻まれるのです。

※ 占星術やタロットにも、あの世には前室があるという考え方を取り入れている場合がありますが、あの世の前室で赤ちゃんはお母さんを探しているそうです。どんな理由かは様々ですが、お母さんを選んで出発したのだという記憶を話してくれる子どもたちがいます。(池川明氏「胎内記憶」参照)

◇12星座別の傷と癒しポイント

キロンが位置する星座で、生まれた時に記憶された傷とはどういうものか?を示すことができます。

通常の太陽星座とは異なりますので、キロンの星座を知らない方は、キロン早見表(1960年~2029年対応)で、調べてからご確認ください。

【牡羊座】

自分自身が傷を負ったと記憶されています。思いのままに活動できること、好きなことに熱中できること、そして一番を目指して進んでいくことが、自分の存在を支援します。しかし、自分の存在に戸惑いを感じたり、自らを否定されるような経験が傷を思い出させます。焦らず自分の直感を信じて本当の自分を見つけ出すことで癒しを得ることができるでしょう。

【牡牛座】

肉体を見失ったことが傷として記憶されています。自分にとって快適な環境を持つこと、豊かさを引き寄せること、そして自分のペースでいられることが、自分の欲求を支援します。しかし、欲しいと願ったことが叶わず、所有欲や嫉妬心が湧き上がるような経験が傷を思い出させます。魂が負った傷は、肉体をメンテナンスすることで癒しを得ることができるでしょう。

【双子座】

呼吸する怖さが傷として記憶されています。好奇心に従って行動できること、新しいことに触れることが できること、そして人と話たり教えたり できることが、自分の能力を支援します。自分の言葉が上手く伝わらず理解してもらえないような経験が傷を思い出させます。呼吸から始まった言葉に偽ることなく、人を傷つけないことで癒しを得ることができるでしょう。

【蟹座】

生まれる時にあふれ出た感情が傷として記憶されます。心の安定が保たれること、テリトリーを重視できること、そして守り守られるような親しい関係が築けることが、自分の感受性を支援します。身近な人たちからの感情や愛情が安定的に感じられない経験が傷を思い出させます。感情のバランスコントロールを育んでいくことで癒しを得ることができるでしょう。

【獅子座】

自己表現に躊躇したことが傷として記憶されます。称賛される場面があること、頼りにされること、そして、演じられる非日常的な時間があることが、自分のプライドを支援します。褒めてもらえなかったり、失敗を繰り返したというような経験が傷を思い出させます。自分自身に力をつけて、自分で自分を認めることで癒しを得ることができるでしょう。

【乙女座】

安全への不安が傷として記憶されます。生活の安定が確保できること、役に立てる自分であること、そして修復が許される時間があることが、自分の繊細さを支援します。自分の外見や肉体にコンプレックスを感じたり、限界を感じるような経験が傷を思い出させます。精神を侵されない健全な環境や生活スタイルに順応していくことで癒しを得ることができるでしょう。

【天秤座】

他者の存在に気づいたことが傷として記憶されます。正義感と道徳心が理解されること、品性と優雅さが保てること、そして調整役が担えることが、自分の公平心を支援します。他者との関係の中で、行き違いや別離など思った通りにならない経験が傷を思い出させます。自分と他者とは異なる部分を認め受け入れることで癒しを得ることができるでしょう。

【蠍座】

誕生が死の始まりと知らされた傷が記憶されます。大切な人と深い絆を結べること、感情を秘めておけること、そして強い愛情が注げることが、自分の情念を支援します。本能的に罪悪感を持ったり、性的欲求が抑え込まれてしまうような経験が傷を思い出させます。トラウマとなる経験と秘密の部分を受け止めることで癒しを得ることができるでしょう。

【射手座】

宗教体系の熱を受けた傷が記憶されます。視野を広げて世界を見ること、専門性の高いことに触れること、そして探究できることが、自分の精神性を支援します。理想への信念が強くなり、自分自身や自分の考えを誇示するような経験が傷を思い出させます。宗教が人類と歩んだことを受け入れ、精神の向上に努めることで癒しを得ることができるでしょう。

【山羊座】

実体、実態の責任が傷として記憶されます。現実的に生きること、無駄なく合理化できること、そして伝統を重んじることが、自分の基盤を支援します。自分には無理、夢や理想を描いたところで…と考えるような経験が傷を思い出させます。責任を果たすためには威厳が必要であることを知ることで癒しを得ることができるでしょう。

【水瓶座】

イメージしていた世界と違うショックが傷として記憶されます。知的でスマートでいること、臨機応変に対応すること、そして博愛で自他尊重であることが、自分の思考を支援します。自分だけが違う考えだと感じたり、変えなければ…と思うような経験が傷を思い出させます。社会が均衡を保つ知恵を使うことで癒しを得ることができるでしょう。

【魚座】

天(神)から切り離された傷が記憶されます。献身的に寄り添うこと、ロマンチックに現実を生きること、そして心を傾け共感し合えることが、自分の幸福感を支援します。現実を直視したくないと感じたり、想像の世界に逃げたくなるような経験が傷を思い出させます。自己は宇宙の一部であることを日常で感じられることで癒しを得ることができるでしょう。

***********

キロンという星に初めて触れた方は、あまりピンと来ない記事だったかもしれませんが、人生が間違った方向に向かっている時、修正の機会を与えてくれる星でもあるので、理解していただけるように今後も記事を書いていきます。

『正統西洋占星術大全』(第一刷1995年)でキロンの影響を受ける時が示されています。

この解釈について、どのような影響があるのか…について私見ではありますが、別途記事を書いてみたいと思っています。

キロン早見表(1960年~2029年)

キロンでわかる12星座別の傷と癒し/占星術・ホロスコープ:星占い.net” に対して 8 件のコメントがあります

  1. 松本 裕子 より:

    キロンとMCが牡牛座です。
    お金を自分で稼ぐとか所有することに
    抵抗があります。
    これらは体のケアをすることで
    解消されますか?

    1. ryou0912 より:

      松本裕子様

      コメントありがとうございます。
      ご質問について、私なりの見解を述べさせていただきます。
      MCが牡牛座ということは、ASC獅子座、DSC水瓶座、IC蠍座である可能性が高いということで書かせていただきます。
      ご自身が価値があることとして大事にしていること…それは何でしょうか。
      お金より他者からの評価や感謝の方が価値がある、大切であると感じることが多くありますか?
      他者、環境、社会のために、求められるならば力を尽くすことを惜しまないという方なのかもしれませんね。
      と仮定させていただくと、お金を稼ぐことに罪悪感を感じやすい特徴が見られます。
      しかしながら、現世で生きていくためには、お金は必要なものです。
      お金を稼ぐことは、悪いことではない…と自分を労わることは必要かもしれません。
      そして、認識していらっしゃる通り、身体のケアはなさるとよいと思います。
      このケアは「緩める」ものを選ぶとよいです。
      緩めるというのは、心地よく(納得感がある)鍛えられること(好きな事)ができるものであってもよいのです。(むしろ、こちらの方がよいと思います。)
      自分が快適である環境を創っていくことが目標なのだと思います。
      もし、他者のことを優先しがちな人生でしたら、自分を中心に人生を創っていってもよいのではないでしょうか。

      この返信がご質問のご回答になっていればよいのですが…。
      もし、不足、不備がありましたら、ご遠慮なくご返信ください。

      感謝を添えて…夏宗なつ

      1. 松本 裕子 より:

        返信ありがとうございます。
        個人天体に牡牛座や2室が
        ないので自分で稼ぐとか
        自分の心地良さを大事にする
        という感覚が疎いのかも
        しれません。
        音叉を使って自分の
        周波数を変えることは
        毎日やっています。

        1. ryou0912 より:

          松本裕子様

          もう少しお伝えできそうな気がしたので、追送させていただきます
          >自分で稼ぐとか
          自分の心地良さを大事にする…
          そうですね。牡牛座や2室に天体がないと優先度は下がることはあります。
          金星は何座、何室か、に視点を移すとよいと思います。
          金星が在位するところの特徴で「自分を満たす(満足させる)」「人生の目標として継続していく」というヒントが得られると思います。

          >音叉を使って自分の
          周波数を変えることは
          毎日やっています。
          この自分のことについて毎日続けるというのが、まさに牡牛座的です。
          キロンは、自己犠牲によって目的を達成しようとする天体でもあります。
          牡牛座にあるということでは、肉体を犠牲にして踏ん張って、自分に傷を負わせることを恐れないような傾向も示しますので、自分への労りとなっていることは続けていかれるとよいと思います。

          追送は余計な内容だったかもしれませんが、お許しいただければ幸いです。

  2. トリックスター11 より:

    他の質問者さんと同じく、牡牛座キロンで2室も空室なのでお金や才能に対する苦手意識があり、参考になりました。
    私のキロン自体は6室にあるのですが、ハウスの持つ意味も傷となるのでしょうか?
    そして、キロンと小惑星エロスがサビアン同じで合なのですが、その場合はエロスの意味も傷があると考えるのでしょうか?

    因みに金星は12ハウス蠍座で、自分の中ではパンドラの箱のような存在で開けるのが怖くて蓋をしてる感覚があります。上手な対処法などありますでしょうか?

    1. ryou0912 より:

      トリックスター11 様

      ご訪問いただき、またコメントを送っていただき、ありがとうございます。
      返信が遅くなって、申し訳ありません。(最近、通知が届かなくなっており確認が遅れてしまいました。すみません。)
      ご質問について、返信させていただきます。

      【いただいたデータ】
      リックスター11様の星の配置:➀2ハウスに星なし➁6ハウスに牡牛座のキロンとエロスあり➂12ハウスに蠍座の金星あり

      >他の質問者さんと同じく、牡牛座キロンで2室も空室なのでお金や才能に対する苦手意識があり、参考になりました。
      私のキロン自体は6室にあるのですが、ハウスの持つ意味も傷となるのでしょうか?
      ⇒本来、星がないハウスは、「今世においては、特に学びのポイントではない」という理解をしますが、トリックスター11さんの場合は、6ハウスと12ハウスの管轄(分野や場所)で意識し、学ぶ機会が与えられることが多くなると解釈することができます。
      ・2ハウスは、現実的で物質的価値を求めること(肉体、感覚、食、維持)
      ・6ハウスは、日常生活における安全や安定のために努める必要があることを管轄(労働、健康、資格、生活)⇒キロンとエロスがお互いを強め、より意識するポイントとなるでしょう。「お金や才能に対する苦手意識があり」という意識はここで感じていると思います。
      ・12ハウスは、自分の無意識にあること(内省、隠されている要素)⇒金星は、愛の星とも言われています。蠍座の金星は、深い絆を好み、純粋であるがゆえに思いつめやすいという特徴があります。6ハウスのエロスとは対向ハウスに金星があるということなので、金星とエロス(キロンも含め)は強く引き合い、時には意に沿わないことへ誘い、時には大きな拒絶を生むでしょう。

      >そして、キロンと小惑星エロスがサビアン同じで合なのですが、その場合はエロスの意味も傷があると考えるのでしょうか?
      ⇒上記のことから、エロスの意味も意識した傷となっていると考えてよいと考えます。

      >因みに金星は12ハウス蠍座で、自分の中ではパンドラの箱のような存在で開けるのが怖くて蓋をしてる感覚があります。上手な対処法などありますでしょうか?
      ⇒恋愛に対して怖さを感じたり、自分の気持ちを隠してしまう傾向として表れやすいと解釈することができるので、「パンドラの箱のような存在」というのは適正な表現だと感じました。上手な対処法についてですが、苦手意識とかんじていらっしゃる「お金と才能」への苦手意識を軽減していかれるとよいと思います。一見関係なさそうですが、トリックスター11の10ハウス(MC)は乙女座ではないかと思います。(違ったとしても前後の獅子座、天秤座で、無関係ではないので、乙女座と仮定します。)10ハウスは、社会での個人に対する評価、人生で目指すところです。人の役に立つ自分に育てていくことがトリックスター11さんの人生のプランニングと考えてよいでしょう。依存しない、振り回されない、自立した自分を手に入れることになります。
      蠍座の金星と牡牛座のエロスは、愛を必要とします。いざとなれば、自分を捨ててでも飛び込んでいってしまう場合もあります。ですから、金星とエロスには、心の問題でそうならないためのレッスンを積み重ねたり、他への関心、他の価値を持たせることも必要だと思います。例えば、金星は映画や小説などで満足度を高め、現実的な恋愛と区別できるようにする工夫で、エロスと共感しあうキロンの傷も和らげることはできそうです。
      また、生活をするための協働者、仕事をするためのパートナーなど、社会活動における価値が感じられる人とのパートナーシップを意識するとよいのではないかと思います。

      以上になります。
      疑問、ご質問などありましたら、またご連絡いただければと思います。
      ちなみに、私はキロン以外の小惑星については、それほど詳しくはありませんが、お答えできる範囲でお答えさせていただきます。

      感謝を添えて…夏宗なつ

      1. トリックスター11 より:

        ご丁寧な返信ありがとうございます。とても気持ちが軽くなりました。
        はい、仰る通りMC乙女座です。10室に太陽もあります。(度数は離れていますので、カルミネートはしていないと思っています。)
        11室に天体が集まってるので(天秤座で土星、木星、水星、冥王星)
        最後のパートナーシップを意識すると良いというアドバイスはとても腑に落ちました。
        前向きに取り組んで行きたいと思います。ありがとうございます。

        1. ryou0912 より:

          私の解釈の中から言葉を掬い取ってくださって、ありがとうございます。
          少しでもお役に立てたのかな…と思うと、ホッといたします。
          占星術を学び色々なことがわかるようになって、自分のことも以前よりはわかっているはず…と思っても、実際にはわからなくなることはあります。
          占星術もまた長く続く道の一つですね。
          今回のトリックスター11さんがくださったご縁に感謝いたします。
          ※前回のメールで、トリックスターさんの「さん」が抜け落ちていたところがありました。失礼いたしました。

松本 裕子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です