fineDine未来の水瓶座時代への兆しデリバリーからヒントをもらう:占星術/自分らしく生きる

2,3日前になりますが、郵便ポストに入っていたチラシです。

fineDineファインダイン RESTAURANT DELIVERY

デリバリーなので、届けてくれるということ。

私の気を引いたのは、30分で届けることができそうな地域に発信していることではなく…(これはピザの地域店と同じですから。)

30分で届けられそうなお店がfineDineというグループに参加して、fineDineが窓口となって注文を受け付けるという事業というところです。

中華、イタリアン、グリル、うどん、そば、台湾料理、焼肉…

各店舗2,000円以上という条件付きではありますが、色々なお料理を届けてもらえるというサービスなのです。

水瓶座時代へと移行していく時代が見え隠れする気しないでもない、こんなところにも表れていることを感じました。

はっきりとした時期は特定できないと考えらえているのですが、宇宙の周期というのがあって、約2000年で1星座、春分点が動きます。

地球の地軸の際差運動(傾き)が1週するのに、25800年かかり、12星座で割ると2000年代になり、時代の色が変わると考えられています。

2012年(2015年、2016年とも言われている)あたりから少しずつ水瓶座時代へと移行しし始めているとも言われ、しかし今はまだ魚座時代。

実際には、2813年頃に水瓶座時代は始まるそうです。

しかし、私が考えるところ、移行期が始まっていることは間違いでしょう。18世紀頃、マルクスなどによる唯物論の提唱、確立がキッカケとなり、現実主義が進んで来たと考え方があります。

水瓶座らしい考え方や精神、発展、改革、流行、教育に繋がっていくという兆しが感じられます。

水瓶座の特徴として、よく出される言葉は、オリジナリティ、斬新、変化、自他尊重、独自の論理的思考、テクノロジー、エキセントリック、ネットワーキング…などです。

水瓶座は、独自性を重視する特徴がありますが、自分だけの独自性ではなく、他者の独自性も重視します。

これを踏まえて、ネットワーキングという視点で見てみるとfineDineのようにそれぞれ独自の食べ物を提供しているお店が集まって情報を共有して運営する事業システムを確立して、ネットというテクノロジーをツールとして活用していくというところに、水瓶座時代の初歩、仕組みの変化の一例を見たような気がしました。

私のところには、仕事についてのご相談でいらっしゃる方も多いです。

資格や趣味を活かした仕事をしたい、いつごろがよいのか、どう考えて行動していくのがよいのか、自分にできるのか…など、やりたいことはあるけれども、何かを始めるのは不安ですね。(私も不安に思うこと、たくさんあります。)

今日、ご紹介したfineDineのようなネットワーキングが、わずかな変化や改革の積み重ねで導き出される次の時代へのヒントではないかと思います。

まだまだ時間をかけて水瓶座時代へと移っていきますが…

一人でもやれることがある。

だからこそ、誰かと一緒にやるとつながる、広がる。

誰とやれよいか?

自他尊重、独自性が大事。

自分を認め、相手を認め、お互いに認め合える実力を持っていることがポイントです。

上でもなく、下でもなく。

自分にできないことができる、魅力ある人たちとのネットワークを持つことを大切にしていく時代へと向かっています。

と、占星術的には考えることができるでしょう。

お仕事だけではなく、対人関係や人生についても、よろしかったら参考にしてみてください。

お仕事について考えている方は、星占い12星座別、その職業(仕事)に向いている理由も参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です