星占い(占星術/ホロスコープ)で親子の相性:受験生を持つ親子にとっても背中を押してくれるホロスコープ

子どもたちにとっては、受験の季節が始まりました。
 

幼稚園、小学校は秋、まさに只今。
中学校は、1月2月初旬。
高校、大学は2月中旬から3月初旬。

 
7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s
 

小学校と高校の受験を控えた子どもがいたら、5ヶ月も緊張感が続くわけですね。
準備期間も含めると2年、3年です。
受験で親子の関係が変わっても不思議はありません。

 

占星術で受験までの流れを見る

 

親子占星術では、受験期を乗り切るためのヒントを引き出すこともできます。

 

集中できる時、できない時
一区切りつけるとよい時期
思い切って休憩もよい時期

 

その子にとってよい…
学校選びのコツ
親のスタンス
受験計画

 

受験は、期間が長いので、メリハリをつけた計画を立てて、継続できるようにすることが合格を勝ち取るカギであることは言うまでもありません。

 

でも、そうは言っても、親にしてみれば、時間を少しでも無駄にして欲しくないと思うもので、おもちゃで遊んだり、ゲームをしたりスマホが手放せない姿を見ると、つい何か一言言いたくなってしまうのも当然です。

 

8 children playing with some toys with mothers

 

子どもを勉強させるには…?

 

生まれた星座によって、子どもがヤル気になる傾向は違います。

 

例えば…

 

【牡羊座】
なるべく短い時間で集中して勉強できる方法にする。競争心に火をつける。

 

【牡牛座】
子どものペースを崩さないようにする。理解には時間がかかると思って対応。

 

【双子座】
覚えたことを聴いてあげたり、説明させたりする。教えることで知識定着。

 

【蟹座】
一緒に頑張っている姿勢で受験に向かう。支え合っている実感を持たせる。

 

【獅子座】
1点でもアップしたら褒める。少し頑張れば達成できる課題を与え続ける。

 

【乙女座】
毎日繰り返すことで習得できるようにする。規則正しい生活が能力をアップ。

 

【天秤座】
バランスよく学べる配慮をする。スパルタよりスマートに学ぶ環境がよい。

 

【蠍座】
深めたいことは深めるフォロー。最後まで寄り添う覚悟で寄り添い続ける。
【射手座】
目標設定は現実に即した判断をして支援する。話し合いの時間を大切に。

 

【山羊座】
責任感をあまり感じさせない。目標を絞り込んで結果が出る選択をする。

 

【水瓶座】
個性を認めた上で軌道修正する。説得力のある記事や本を活用してもよい。

 

【魚座】
好きなことに頑張れるようにする。よき理解者でいることが乗り切るコツ。

 

子どもの幸せを願うなら

 

まず、親と子どもは別人格であることを再認識しておきたいと思います。

 

結局、受験は結果が得られなければなりません。
確かに、大人の導きは大事です。
しかし、子どもの性格やペースが理解できていないと、的確な導きであるかどうか確信が持てません。

 

028895
占星術を活用すると、子どもにとって、どんな方法が受け入れやすい方法なのか?を考えるきっかけを得ることができ、少し冷静になることもできます。

 

ほんの少しだけでも、占星術を取り入れると、受験はもっと有意義なものに、そして親子で楽しめるものになります。

 

子どもは言葉一つで大きく変わる

 

言葉は開花もさせますが、洗脳の道具にもなります。

 

毎日、毎日、同じ言葉をかけられると、そうなって行きます。
些細な言葉にもそのチカラは宿っています。

 

「なんで出来ないの?」

 

「あー(溜息)」

 

たったこれだけの言葉が重なると大きなチカラにもなります。

 

「(結果は結果として)さて、次どうしようか…出来なかったとこ、塾で教えてもらえるように、先生に言ってあげようか?」

 

「お母さんも正解知りたいから、塾で聴いてきてくれる?」

 

など、少し視点を変えて、使う言葉を変えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です