主婦は「扶養者」今の社会に合っている?/占星術・ホロスコープ:星占い.net


もう、遠い昔のことになってしまいましたが、子育てって、その時々で大変ですよね。
大変の中身は、子どもの成長に従って異なってきますが、本当にデリケートな関係が続きます。

結婚をして、子どもが出来て、仕事を止めて(中断して…という人もいますね)社会から切り離される感覚を感じたのは、私だけではないのではないかと思います。
そこから、社会に戻るって、考えているより大変なケースの方が多くありませんか?

最近、ふとした時に考えることがあるのですが、妻に対する「扶養控除」時代に合ってないのでは?
夫の給与とは別に、夫を支える主婦の手当として妻に与えるべきなのではないか?と思うのです。
なぜ、今、女性は働くのでしょうか?
確かに、仕事をしてバリバリ働きたい女性もいます。大昔の私はこのタイプでした。
働くことは好きではないけれども、自分のお金を得たいがために働いている人もいるはずです。
その中には、本当は家事をしている方がが得意な人もいるかもしれません。
主婦になったとしても、手当としてお金がもらえ、社会的地位が保証されたら、子育てをしながら働く人生を選びますか?

少子化が問題なのに、女性も働く社会へと対策を進めています。(急速には進められていませんが)

どうでしょう。

人は得意なことをしながら、人に感謝され、生きることができたら、心の幸せは感じられるはずだと思うのです。(それだけでは、生きていけませんが、大事なことです。)

男女問わず、
社会で働きたい人もいれば、
家族に尽くしたい人もいる。

占星術でみると、働くより家庭に尽くす方がよい人もいます。
多様化した現代、社会という大きなコミュニティで働くことと、家庭という小さな社会コミュニティで働くことのどこが違うのでしょう…と思うのです。

主婦は「扶養」ではなく、個としての地位が必要な社会になっていませんか?

もっと、汎用性の高い社会を目指す時が来ているのではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です