太陽と火星のアスペクト(角度・関係)

☉太陽を主体にした解釈例

太陽は、通常の星占い、12星座占いに使われます。

「何座生まれ」というのは、太陽が何座にあるのか?で決まっています。

どんな人、こんなことができる、全体運などは、太陽で解釈していることが多いと思います。

興味のある方は、こちらの記事が参考になると思います。

自分でできるホロスコープの読み方5(2)-12星座の基本構造

占星術では、太陽は次のような意味(象意)を持っています。

・どんな人生を創っていきたいか(目標、理想)

・どんなふうに公には見られるか(表向きの顔、自己主張)

・自分が意識しやすい自分(自己認識価値、自己基礎)

アスペクトについての基礎について知りたい方はこちらをご覧ください。

自分でできるホロスコープの読み方6-アスペクト

アスペクト解釈克服のためのコラム

*太陽×火星のソフトアスペクト*

【↑】 太陽主体の解釈ワード:精力的に活動する

【太陽と火星が60度】

強い意志をもって積極的に前進できます。目標や理想、夢を実現しようとする気持ちが強くなり、とても頑張りが効きます。協力し合う関係にあるので、独りよがりではなく、理解されやすい頑張り方ができるでしょう。

【太陽と火星が120度】

独立心が強く、自らの力で成し遂げようとします。思い立ったらすぐに行動に移したくなります。お互いがスムーズに作用するので、少々のことでは意志が弱ることもないでしょう。

*太陽×火星のハードアスペクト*

【↓】 太陽主体の解釈ワード:困難や障害に向かう

【太陽と火星が90度】

困難を生み出し易い生き方をしてしまう傾向があります。自分の思いや意思を押し付けたり、他者とトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。

【太陽と火星が150度】

自分がやりたいと思っていることに水を差されるような経験をしやすい。自分で自分にダメ出しをして滞りを感じたり、本意ではないことに関わってしまい後悔することもあるでしょう。

【太陽と火星が180度】

道を見失いやすい傾向があります。 自分を守るために取った行動が裏目に出ることもあるでしょう。他者と張り合う、感情の起伏が激しいなど、困難と向き合う人生になることもあります。

【太陽と火星が0度】

太陽と火星が同一、合体している状態で、野心や闘争心が強くなります。常に目指すものがあって、自分の思うままに前進しようとします。猛進し過ぎて取り返しのつかない状況を引き起こしてしまう場合もあるでしょうが、逆にヤル気にみなぎった勇敢な人として先頭に立つ環境を手にすることもあるでしょう。

♂火星を主体にした解釈例

火星は、自分の中から放たれるエネルギーを表します。

それは、積極性や実行力であったり、愛情の表し方であったり、闘志や競争力としても現れてきます。

このエネルギーは、自分の意思でコントロールして発出するのではなく、ひらめきやインスピレーションによって発出されるものです。ですから、いつも安定したエネルギーが注がれるわけではありません。

自分の関心のある事柄に対して、また反発心がある事柄に対してなど、自分自身の気持ちや気分でエネルギーの熱量は変わってくるので、不安定と言えます。

しかしながら、多くの熱量を注ぎ込んだ時には、想像以上の結果を手に入れることもできるパワフルなエネルギーです。

*火星×太陽のソフトアスペクト*

【↑】 火星主体の解釈ワード:

    行動力・自立心・起業家・目標を達成しようとする

【火星と太陽が60度】

目標や夢を意識して、実現に近づけるように、有効性を見出しながら実行することができます。エネルギーの調整を行いながら、積極的なよいアプローチが可能となります。

【火星と太陽が120度】

人生を積極的に生きようとする強さがあります。自分の持てる力を評価されるように使うことができます。リーダーシップを発揮したり、闘うことを恐れないということもあるでしょう。

*火星×太陽のハードアスペクト*

【↓】 主体の解釈ワード:

ワンマン・流れを見失う・感情の起伏が激しい・トラブルメーカー

【火星と太陽が90度】

アクションを起こしても目標や願望に手が届かず、自分を傷つけたり、他者への言動が攻撃的になりやすい傾向があります。押し付けがましく身勝手な行動で困難に陥りやすいでしょう。

【火星と太陽が150度】

その場その場での行動になりやすく、発展や向上が感じられない、考えがまとまらない。何をやっても納得が行かず、イライラ感や葛藤を抱えやすい傾向が現れます。

【火星と太陽が180度】

自己主張が強く、強引さが目立つため、自分本位に取られがちです。 周りへの関心が薄く、見極めや引き際が上手くないので、トラブルも大きくなりやすいでしょう。

【火星と太陽が0度】

火星と太陽が同一、合体している状態で、非常にエネルギッシュ、何事にも手を抜くことなく頑張ることができます。勝負を好み、負けず嫌いでもあります。リーダーシップへのこだわりもあるかもしれません。短気でせっかち。自分が信じる正義によって、他者を必要以上に攻撃するような激しい面も持っています。

*************

アスペクトは、実際には、質問の内容や今どんな時期にあるか?などを踏まえて読むことがほとんどです。その場合は、もう少し具体的表現になります。

また、実際には、木星、土星、天王星、海王星、冥王星は、おのおのの天体を主体としてアスペクトを読むことはあまりありませんが、鑑定での言い回しとして、これらを主体にした言い方の方が受け入れてもらいやすいこともあるので、解釈例として書いています。

ここでご紹介した解釈は、基本知識に基づいた私流のアスペクトの読み方になります。

イマジネーションの大切さや言葉にすることの難しさを、改めて実感します。