太陽と土星のアスペクト(角度・関係)

☉太陽を主体にした解釈例

太陽は、通常の星占い、12星座占いに使われます。

「何座生まれ」が、太陽が何座にあるのか?で決まっています。

どんな人、こんなことができる、全体運などは、太陽で解釈していることが多いと思います。

興味のある方は、こちらの記事が参考になると思います。


自分でできるホロスコープの読み方5(2)-12星座の基本構造

占星術では、太陽は次のような意味(象意)を持っています。

・どんな人生を創っていきたいか(目標、理想)

・どんなふうに公には見られるか(表向きの顔、自己主張)

・自分が意識しやすい自分(自己認識価値、自己基礎)

アスペクトについての基礎について知りたい方はこちらをご覧ください。

自分でできるホロスコープの読み方6-アスペクト

アスペクト解釈克服のためのコラム

*太陽×土星のソフトアスペクト*

【↑】 太陽主体の解釈ワード:責任を持つ、計画的、決定

【太陽と土星が60度】

人生に責任を持って生きようとします。そのためには、社会のルールやモラルを重視し、社会や組織の一員としての意識、価値観、能力などを磨き人生設計していく傾向があります。

【太陽と土星が120度】

伝統的な要素や地域的な要素を大事にしたり、何事も着実、堅実に歩んでいく傾向があるため、信頼を得て安定的な人生、年配者や先輩が支援してくれる人生に向かいやすいでしょう。

*太陽×土星のハードアスペクト*

【↓】 太陽主体の解釈ワード:限界をつくる、諦める

【太陽と土星が90度】

自分を押さえつけたり、表現力を乏したり、厳しい道を選びがちで、苦労や試練の多い人生となりやすい傾向があります。抵抗や困難を繰り返すと、人生そのものを否定したくなる場合もあるでしょう。

【太陽と土星が150度】

社会秩序や常識が邪魔をして、やりたいと思っても一歩が踏み出せないことが多くなります。無言の抑えが効いているような気分で、イライラとした感じがしたり、やる前から諦めたりするでしょう。

【太陽と土星が180度】

どのように見られているかが気になり、社会から逸脱することなく生きる人生を創ろうとするでしょう。 やりたいかどうかは別として、自然と必要とされている能力を身につけられる傾向があります。

【太陽と土星が0度】

目標が明確になりやすく、自分の力で達成するため、必要な力を持とうとします。人生の遊びが少なく、自分に厳しく抑制する傾向も出やすいです。したがって、他者を受け入れにくい印象や傾向、頑固さが表れてくることもあるでしょう。しかし、自分の目標や目的が明確であれば、有意義な人生を送り、目的を達成しやすくもあります。

♄土星を主体にした解釈例

土星は、社会を通して物事を経験させ、私たちに現実を教える天体です。

納得のいく現実を手に入れるためには、夢や理想を語っているだけでは実現しません。

自分が欲しいものを手に入れるためには、手に入れるために必要なもの(こと)を手に入れなければなりません。

土星は、その「必要なもの(こと)」を私たちに差し出し、「不必要なもの(こと)」を捨てさせ、納得のいく現実をできるだけ無駄なく手に入れられるように働いています。

ですから、自己主体ではなく、この社会においての価値を判断、決断の一つとし、時には限界や限度を示し、時には試練を与え、時には孤立させ、私たちを正そうとします。

しかし、私たちには、その意図が理解できない時、反発したい時があり、土星の意図を汲み取らずに考え、行動してしまうこともあります。

その時には、私たちは現実の苦しみや困難に直面し、悔い改めることをさせます。

土星は、攻撃的なエネルギーではありませんが、諦めない、時間をかけてでも覆す力を持っています。

土星の厳しさは、すべて、私たち一人ひとりがよりよい現実を手に入れられるように…なのです。

*土星×太陽のソフトアスペクト*

【↑】 土星主体の解釈ワード:

保守的、勤勉、手堅い、威厳、安定性(変化を求めない)

【土星と太陽が60度】

目上の人へのあこがれや、安定感のある態度や性質が表れやすくなるので、人から信頼されることも多くなるでしょう。無駄な動きが少なく、定めた目標に向かって着実に歩みを進めるタイプです。

【土星と太陽が120度】

頼りになりそうな、安定感を感じられるような存在として映るでしょう。身勝手な行動や態度を取ることや、感情的になることが少なく、周囲の状況に応じた対応ができるでしょう。

*土星×太陽のハードアスペクト*

【↓】 土星主体の解釈ワード:

時代に逆行、融通が利かない、視野が狭い、悲観的、過去にこだわる、すれ違い

【土星と太陽が90度】

規範や秩序へのこだわりが強く、頑固な態度を取りがちです。自分が知っていることや認めていることが基本なので、視野も狭くなり、考えにも固執するので、他者とのトラブルになる傾向があります。

【土星と太陽が150度】

考えることが主体となり、何事も難しく捉えがちです。自信を失うようなアプローチに葛藤し、自分自身を追い込んでいく傾向があります。現実と思考との狭間で混とんとした気持ちにもなりやすいでしょう。

【土星と太陽が180度】

自分中心になり、他者への配慮や優しさに欠けるところが表れやすいです。抑圧されているようで理想や夢を描けないので、自分への信頼や自信も失われがちです。

【土星と太陽が0度】

いつも厳しい目で見られているような感覚があるでしょう。現実的で感情表現も上手くないので、他者から理解が得られないこともあり、解決しなければならない問題も多くなる傾向があります。しかし、責任意識が強く、成し遂げると決めれば、時間をかけても成し遂げようとするでしょう。

*************

アスペクトは、実際には、質問の内容や今どんな時期にあるか?などを踏まえて読むことがほとんどです。その場合は、もう少し具体的表現になります。ここでご紹介した解釈は、基本知識に基づいた私流のアスペクトの読み方になります。

イマジネーションの大切さや言葉にすることの難しさを、改めて実感しながら、この基本レポートを書いています。