◎基礎となる感情の反応パターンを創っていく

point:母親との絆/感情感覚の育成/秩序の定着/自己確認

月のエネルギーを感じ取り、個人の基礎的意識を形成していく期間です。だいたい誕生してから小学校に入学するまでの期間に相当します。

日本では、「三つ子の魂百までも」という言葉がありますが、幼い時に形成された性格は、年を重ねても失うものではないという意味ですね。

そのような時期と考えていただいてよいと思います。

月のエネルギーは、感じ方(感受性・感覚)を育てます。そして、好き嫌い、快不快、喜怒哀楽といった心が受け止めた感情の出し方、伝え方を覚えていきます。

1歳では、自分の感情や感覚は泣いて伝える方法くらいしかありません。2歳になると言葉もほんの少し話せるようになり、身体も様々な動作ができるようになります。

3歳頃になると、活動範囲がさらに広がっていくので、 好奇心も活発さも増して、好みもよりハッキリとしていきますが、その分 危険度が高まり、好き勝手にさせてもらえない場面も増えていきます。

十分に感情や感覚が育つ時期であるという理解が得られる人や環境に恵まれていれば、思い通りにならない経験を積み重ねながら秩序やルールを受け入れられる心に育っていきます。

月のエネルギーは 、自分の感情や感覚を通して、生命を鍛え始めるのです。生命に磨きをかけていけるように育っていけるようにすることに加え、感情や感覚で受け止め理解できる範囲でしっかりと躾けていくことも大事な時期です。

ここで築くことができた愛情や信頼感は、心の深いところと結びつくためのパイプを作り出し、自己と向き合う強さを育てていきます。

*******

エリクソンは、月のエネルギーを受け成長すると考えるこの段階を三段階に分けています。

◎誕生から1歳ないし1歳半 基本的信頼 対 基本的不信⇒信頼感の形成

◎1歳ないし1歳半から3歳 自立 対 恥と迷惑⇒しつけ、感情の定義

◎3歳~6歳 積極性 対 罪悪感⇒自己意識

(心理的社会的発達段階については、心理カウンセリングを学んでいた時に知り独習した知識の域を出ないので、細かい説明は今回は控えます。)