月と火星のアスペクト(角度・関係)

☽月を主体にした解釈例

月は、本当の自分、私生活での自分、感情の状態(安定、不安定)、感受性などを表します。

より身近な関係の中で、表出しやすい性質がわかります。
身近な関係とは、親子、夫婦、親友、長い付き合いの人、自分の方が優位と感じている人など、気を遣わない人との関係のことです。
ただし、たとえ親子であっても、夫婦であっても、本当の自分が出せない、気を遣ってしまうということもありますが、すべての場合、それが問題というわけでもありません。

しかし、苦しいさや辛さを感じている場合は、自分を解放できる環境や時間を持てるように工夫してみることをおススメします。

また、子どもの場合(特に0~7歳)は、太陽星座よりも月星座の性質の方が表れやすいと考えられています。

小学生の場合であっても、月星座の性質はまだまだ強い傾向はあるので、子どもへの理解を深めるためには太陽と月のアスペクトも参考にするとよいでしょう。

自分でできるホロスコープの読み方6-アスペクト

*月×火星のソフトアスペクト*

【↑】 月主体の解釈ワード: 感情の表現、私生活の行動(ポジティブ)

【60度】

積極的で活発に活動するのが好きです。身近な人に対しても、手助けしてあげたり、誘ったり、リードしたりと、自らアプローチしていくので、周囲からも同様の印象を持たれるでしょう。健康的でもあります。

【120度】

素早く動き、テキパキと物事に取り組みます。心が強く、挫折があっても、自力で立ち上がることができます。自分の心に素直に行動するので、恐れ知らずのようにも見えるでしょう。競争することも好きです。

*月×火星のハードアスペクト*

【↓】 月主体の解釈ワード: 感情の表現、私生活の行動(ネガティブ)

【90度】

感情的になりやすく、気持ちを抑えることが難しい傾向があります。感情が強く出てしまうので、周囲とのトラブルを起こしやすいでしょう。感情が抑えられないことで、自分も傷つけてしまいます。

【150度】

心の葛藤を常に抱え、それと向き合わざるを得ない生活環境になりやすい傾向があります。母親や家族とギクシャクすることもあるでしょう。自己主張が強くなりがちなので、孤立感を感じることもあります。

【180度】

感情を発散し、興奮しやすい傾向があります。気が短く、じっとしていられず、行動に出てしまうこともあります。負けず嫌いで、攻撃的な気持ちにもなりやすく、白黒ハッキリさせたくなるところもあるでしょう。

【0度】

考える前に行動しているタイプと言えるでしょう。閃き型で、衝動的なので、人と歩調を合わせることが苦手です。その場限りで感情を出してしまうので、気分屋という印象を持たれることもあるでしょう。

♂火星を主体にした解釈例

火星は、行動力、実行力、積極性、自分の情熱や闘志の源となるエネルギーを示す天体で、そのエネルギーは、外に向かって放たれます。(金星は内向き、火星は外向きで、対照的です。)

昔は、火星のエネルギーは男性的であって、女性は感じにくいという評価でしたが、現在は女性も働く人も増え、男性同様、火星のエネルギーを使う場面も多くなって、女性であっても実感できる機会が増えてきているのではないかと考えます。

金星が、自己を満足させる、自分を満たすためのエネルギーで、内向きであったのに対し、火星は、生命エネルギー、パワーの源。生きるために使う外向きのエネルギーです。

生まれた時に火星が何座にあるか?、他の天体とどのような位置関係(アスペクト)にあるか?など、火星の状態で、健康や活力、積極性、競争力、実行力などの状態を探ることが出来ます。

また、生命エネルギーは本能的な発散の傾向がありますから、唐突的、衝動的、閃きといった点も加えて解釈していくことになります。

火星の天体発達期は、36~45歳です。太陽の天体発達期ⅠⅡの後です。

社会に出て、働いて、あるいは結婚して…人生における大きな経験を一通り経験した後、または経験中という年齢だと思います。

このことから、火星は、先に述べたように、本能的エネルギーですから、周囲や社会に適用できるー使うべき時にエネルギーを使う。受け入れられるようにエネルギーを使う。ーようになるには様々な経験(失敗、成功)を重ねなければならないということがわかります。

*火星×月のソフトアスペクト*

【↑】 火星主体の解釈ワード:

    陽気、活動的、勝ち気、競争、マイペース、精神的自立、頼らない

【60度】

フットワークがよく、すぐに行動します。明るく陽気で、積極的なので、守ってくれそうな印象を持たれることも多いでしょう。また、自分の感情を素直に出しても、加減を知っているので、好意的に取ってもらえます。

【120度】

精神的自立心が強く、意志も強いです。落ち込んだりすることがあっても、気持ちの切り替えが上手です。健康への関心も高く、自分を鍛えることに積極的で、習慣化し取り入れようとする傾向もあるでしょう。

*火星×月のハードアスペクト*

【↓】 火星主体の解釈ワード:

   危険と隣り合わせ、困難、不和、無謀、闘争的、攻撃的

【90度】

感情が高ぶりやすく、攻撃的なアプローチをしがちで、トラブルに発展しやすい傾向があります。自発的エネルギーを上手くコントロールすることができず、憤慨したり、自虐的になったりすることもあります。

【150度】

常に行動せずにはいられない気持ちにさせられ、行動しても腑に落ちない結果になることが多いでしょう。思い通りにならないモヤモヤした感情を抱えますが、行動することから自分のコントロールの仕方を学びます。

【180度】

自分の感情を、わざわざ刺激するような行動を起こし、心の静けさを壊す傾向があります。よって、人生や日々において、刺激的なことや競い合い、争いなどが多くなるとも言えるでしょう。

【0度】

行動が活動的、衝動的、攻撃的になりやすいところがあります。ハッキリとした意志を持ち、媚びることなく行動する傾向があります。また、正義感が強く、救いたいという気持ちで闘おうとするところもあるでしょう。

*************

アスペクトは、実際には、質問の内容や今どんな時期にあるか?などを踏まえて読むことがほとんどです。その場合は、もう少し具体的表現になります。

また、実際には、木星、土星、天王星、海王星、冥王星は、おのおのの天体を主体としてアスペクトを読むことはあまりありませんが、鑑定での言い回しとして、主体にした言い方の方が受け入れてもらいやすいこともあるので、解釈例として書いています。

ここでご紹介した解釈は、基本知識に基づいた私流のアスペクトの読み方になります。

イマジネーションの大切さや言葉にすることの難しさを、改めて実感します。