◎ 欲求(感受性)を満たし自信と自尊心を養う

point:自己認知/自己充足/感覚の発達

個人によって異なりますが、高校生から大学生前半、または仕事を始めることができる年齢期に相当します。

この時期は、自分が好きな事に出会うことがもっとも必要です。言い方を変えれば、自分の欲求を満たすことは何なのか?を知る時期です。欲求を満たすことを知るのがなぜ必要なことなのか…すべての生き物は、生きることに力を注いでいます。そして、その生きる力は、様々な分野に分散され注がれていきますが、自分の欲求を満たすことは何か?を知ることができれば、生きる力をバランスのよい使い方ができるようになり意欲が生まれます。

そして、意欲は満足感を求め、目標や夢を描きやすくします。

この時期、学校では、基礎学習を経て、日常にはあまり必要としない少し専門的な学習と大学受験に必要な学習をしています。

楽しみを見つけ、部活動などでを意欲を発揮する場があればよいのですが、家庭環境や経済的理由などから、なかなか自分の欲求を満たす環境が得られない人も少なくない実情もあります。

その中で、非常に重要なことは、満たさなければならない欲求はどんな欲求なのかを知ることです。

占星術で考える欲求は、大きく分けて2種類あります。

一つは本能的欲求であり、もう一つは理性的欲求です。

本能的欲求は、肉体の感覚で満たそうとする欲求です。

理性的欲求は、知性で満たそうとする欲求です。

いずれも精神は影響しますが、ここで与える影響が、まさに月の段階で育ち、水星の段階で認知した精神となってくるわけです。

それは、ここから先、個々に繋がっていく社会のどの扉を開くかを決めることにもなると考えます。

金星のエネルギーは、ダメなことと分かっていても受け入れてしまう。欲求は理性だけではコントロールできないものでもあります。危険と隣り合わせの期間でもあるというのは、社会の実情からも理解できると思います。

この期間は、たくさんのことを経験し、無理かもしれないことにも挑戦し、これ以上できないことにもトライしてみる期間なのです。

親の立場からすると、軌道修正したくなるような時期でもあるかもしれませんが、ここは、もう子どもの自立が始まる時期でもあります。よからぬ道に進み始める場合もあるでしょう。この時期は、子どもばかりを責める時ではないでしょう。ここまでの中で、親として対応してきたことの成果が表れていると考える方が、たぶん懸命です。

主張している子ども…自然なのです。(占星術的には)

主張しているのは、思うように上手くいっていないからです。ただ聞いてあげれば上手くいくわけではないでしょう。どうにもならないこともあるでしょう。

その時、親は大きな決断をする時と考える必要があるのではないかと考えます。

一次的に欲求を抑えることはできるが、欲求は永遠に抑えることはできない。

どうしても理解し合えなかった場合には、親の役割、子の役割への決別を視野に入れることも必要です。それは、簡単なことではありません。葛藤と深い悲しみに襲われ、立ち直ることができない傷を負うことになるかもしれません。

しかし、子どもは必ず巣立つ、巣立たなければならないわけです。

そのサインをわかりやすく出す子もいれば、とてもわかりにくい子もいます。子ども自身が、そのことに気づいていない場合もありますが、この金星のエネルギーを受ける時期は、欲求がキーワードです。

・欲求を満たせているか?

・欲求を満たせるものを持っているか?

・自身の健全のために欲求は機能しているか?

自分を知り、認め、活かしていくためにも、自分が求めることを無視せず生きる期間とするとよいでしょう。