牡牛座の太陽の光を受けて輝いていた蠍座の満月:占星術/自分らしく生きる

昨日は、蠍座の満月でした。

遅ればせながら、少し解説をしてみたいと思います。

蠍座の満月ということは、太陽は地球を挟んで真向いの牡牛座にあるということになります。

牡牛座の太陽の光を全面(半面ですが)受けて、月はその姿を地球に住む私たちに見せていたのです。

月と太陽が真向いというのは、180度 対向の関係にあることを示しています。

対向は、正反対。自分とは異なる要素が向けられています。

ですから、日ごろ感じることのない刺激を、そして満月の時は、よりたくさん受け、異なる要素での光のアプローチが為されているわけです。

また、全体のカタチもしっかりと見せています。

こんなところから満月の時は、カタチになる、カタチにする時と考え、満月の時を目指して、成功、完成を期待しスケジューリングしたりするとよいとしているのです。

では、牡牛座の太陽の光を受けて輝いていた蠍座の満月から、どんなメッセージを受け取ることができたのか…

蠍座は、深く深く突き詰めていく性質があり、心の深いところにあるものを見つめています。

蠍座がふだん認めにくい要素として、自己価値が一つ挙げられます。

誰かを通して確認する(他者理解)ではなく、自分自身が認める価値(自己理解)を感じられるように…というメッセージだったと思います。

また、深くかかわり過ぎた物事、人との関わりに、安心や安定を見つける機会で与えてくれていたと考えます。

本当の愛の深さが明らかになる時と考えてもよいでしょう。

自分にとって心地よく生きること

それも愛には必要だということを受け取ることができそうです。

 

月は、29.5日(約1ヶ月)で地球を一周しています。

占星術に触れると、宇宙のメカニズムで地球の変化が起きていて、空間と時間が創り出されていることを実感します。

神話的な解説によって裏付けされることもたくさんありますが、1日は昼と夜で構成されていて、1日が7日集まると1週間で、1週間が4つ集まると1ヶ月で、1ヶ月が12集まると1年で…

このメカニズムに着目すると天文学的、数学的根拠が裏付けとなってきます。

占星術のその基礎にあるものに触れると、宇宙に「壮大な」と付けたくなるのも納得します。

こんなところも、私が占星術に熱中させられるところでしょうか…

 

占星術を使った星分析で、自分らしく生きるためのプランニングを自分でできるようになりませんか?

自分でできるようになる占星術講座-12星座

2017年5月27日(土)

2017年6月12日(月)

2017年6月25日(日)

13:30~15:30

自分でできるようになる占星術講座-10天体

2017年6月7日(土)

2017年6月20日(火)

13:30~15:30

占星術基礎講座(全10回)

個別指導実施中 個別指導は要ご相談

 

星分析の手法を身につけて、もっと自分らしく生きていけたらいいですよね。

(各講座には、本当に必要な基礎知識をまとめたテキストが付いています。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です