2011年3月牡羊座に天王星が入った時から髪型が可笑くなった?:アスペクト(ホロスコープ)

先日、「ブログ」というカテゴリーを設置して、少しゆるい気持ちで投稿できるところができて、ホッとしています。

私は、何かと占星術と結びつけて考えてみたくなるので、ここでは日常の中で占星術と結びつけて考えてみたことを書いていこうと思っています。

時に軽く、時に深く…なることもあるでしょう。

今日は、牡羊座の天王星の影響について書きます。

天王星が牡羊座に入ったのは、2011年3月12日 午前9時50分でした。

すぐにわかると思いますが、3.11の次の日の朝です。

東日本大震災は、どの星によるものなのか、というのが当時、占星術の関係者が集まれば議論されましたが、明白でピタリとはまっている星の影響はありませんでした。

ただ、震災というのは、予兆というものがありますから、やはり影響力はあったのではないかと思います。

この時、天王星が入った牡羊座は【火】のグループに属する星座。

東日本大震災は、地震そのものも当然ですが、それに伴う津波の威力がすごかったため、【火】のグループである星座の影響を天王星が受けたと考えるのはどうなのだろうか?という意見も多くありました。

でも、地中にはマグマという火の集まりがあります。

プレートを動かすのにまったく関係していないと言えるかどうかということもあります。

また、天王星は、新しくするために突然、突飛で反骨的な状況を作り出すということを仕掛けてくる星です。

そう考えると、私の中では、天王星が牡羊座へ入ったことを無視できないような気がしているのです。

また、12日の朝には、福島第一原発から火災が発生しました。

時間的には、まだ天王星は牡羊座には入っていなかったわけですが、これは火災ですし、余計に関連を考えてしまいます。

天王星は、一つの星座を約7年かけて移動します。

2019年3月初旬には、牡牛座へと入ります。

現在は、2017年ですから、天王星は、まだ牡羊座を移動中ということになります。

このことを考えると、いつも復興にはもう少し時間がかかるけれども、新しいアイデアによって新しい街が、新しい産業が立ち上がり、被災地はまた人々の安心の場所に生まれ変わることができるはずと信じる気持ちが湧きあがります。

こんな大事な話の後ではありますが、牡羊座に天王星が入ってからの自分の時間を振り返ってみると、牡羊座の天王星の影響を受けていたのではないかと思われることが出てきました。

震災の話の後に、この話はギャップがすごいのですが、お許しいただき…

牡羊座の示す身体の部位としては「頭部」を示します。

私は、牡羊座に天王星が入る1年前くらいから、少しずつ髪を短くしていきました。

ショートヘアにするつもりは全くありませんでしたが、2011年4月初めに、美容師さんの強いススメで、バッサリとショートにしました。

切ってからしばらくは、ショートもいいのかも…と思いながらも、洋服選びに困るし、首はスース―するし、少ししたらまた伸ばそうと考えていました。

この時、牡羊座を移動中の天王星は、私の天王星に150度でした。

150度は、何となくギクシャクした感じがあるのですが、不満まではいかないけれども、受け入れ難いような、そんな感じでした。

ここから、私の髪型をめぐる悩みの時間が始まることになりました。

「伸ばしていきたいんですよねぇ~そろえるだけでお願いします。」

と伝えても、なぜか美容師さんは切るのです。

この間、牡羊座の天王星は、私の金星に180度でした。

天王星は、反発するところもあって、自分がいいと思ったら、相手がどう思っていてもやってしまうように働きかける星でもあるので、私の欲求や好みは無視される運気だったのでしょう。

というわけで、1年経ってもショートヘア。

そこで、美容院を変えました。

この時、牡羊座の天王星は、私の冥王星に150度、土星に60度でした。

冥王星は、終わりにして再スタートを切らせる星で、そこに天王星の「突然」の力が加わったので、突然行かなくなりました。

でも、土星も関係していたので、突然ではありながら、次のお店はしっかり調べて、流行りを追及しなさそうなお店を選びました。

美容院を変えて、少しずつ髪を伸ばしていくことができました。

ところが、「少し茶色にした方がいいですね。」と言われ、少し茶色にしました。

髪は伸びてボブスタイルになって、よかった…と思っていたのですが、少しずつ茶色が明るいものになっていって、気がつけば金髪みたいな状態になってしまったのです。

この時は、牡羊座の天王星は、私の海王星に150度でした。

海王星は、夢や理想を描くために必要な力を与えてくれる星ではありますが、それも悪い出方をすると現実をしっかり理解できていなかったり、惑わされたりすることになります。

髪の色が金髪に近いほど明るくなっていることに自分では気づかず、友人に教えてもらい気づいたのでした。

そこで、また美容院を変えました。

色は落ち着きましたが、髪の量を少なくするのに削ぎ落としすぎたようで、左右の厚みが全然違う髪型になってしまいました。

とても悲惨な状況だったので、そのまま違う美容院へ。

そして、厚みの違う髪型を直してもらったわけですが、結果はショートボブに。

2011年に始まった髪のトラブルは振り出しに戻ってしまいました。

この時が、2015年春でした。

この時、牡羊座の天王星は、私の太陽に120度を取っていました。

太陽は、自分の人生を表します。そこに天王星が関わると人生の転機となる出来事があります。

120度ですから、これはよい方向へ向かう転機と考えることができます。

これできっと、髪問題ともさよなら!と思っていました。

ところが…です。

伸ばしたいのに、切られる。

短くはならないけれども、常に現状維持。

でも、髪の状態はとってもよい。最高によい。

ということで、美容院を変えたいとは思わないのですが、伸ばしたいのに、伸ばせない。

2016年5月当たりからは、牡羊座の天王星は、私の火星に60度を取るようになりました。

どちらも鋭いものをイメージする星ではあるので”ハサミ”は、好き勝手に切りそう、またそれを楽しんでいるかもしれない…と思いました。

なぜなら、美容師さんは、ぜんぜん悪気もなく、いつも楽しそうに切っているからです。

そこで、年末、少し暇になった時、ヒラメキました。

しばらくの間、切らない。

切らなければいい。

早速、1月入って行ったときには、トリートメントとカラーのみでお願いして、しばらく切らないと宣言して帰ってきました。

この決断をさせたのは、私の火星に牡羊座の天王星60度に加え、木星60度、土星180度の角度を取ったからではないかと思います。

木星はどんどんよい方法を持ち込んで来て、土星がその中から一番実現可能で成果の得られる方法を選択、ちょっと斜めから行きたい考えの天王星も土星の抑えも若干受け「美容院に切らない宣言」という普通ではないけれど現実的な落とし込みを提案してきたものと考えます。

天王星が牡羊座から牡牛座へと移動するのは2019年の3月上旬。

もう、ここからは髪型立て直しのプロセスに向かえるように、牡羊座の天王星とも上手く協調していきたいと思っています。

思ったよりも長くなってしまいました。

牡羊座のマークは【♈】、天王星のマークは【♅】です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です