星占い(占星術/ホロスコープ)で進歩する?:自分が得意なことを教えてくれる水星

自分が得意なこと、知っていますか。
得意なことは、好きなこととは違います。
自分がやっていて楽しいことや熱中できることではなく、結果が出せることが得意なことと考えるとよいですね。

Sexy housewife silhouette making sping cleaning

Sexy housewife silhouette making sping cleaning

スポーツ、音楽、芸術などの文化だけではなく、生活能力、学習能力、技術力、発想力、会話力、計算力…あらゆる能力を対象として、その中から自分が得意なことを実践していくと、結果を出せるものとなり、趣味の定着や職業選択の一つになっていくわけです。

しかし、得意なことで結果を出したいのに出せないということもよくあります。

得意なことで結果が出せないのはなぜ?

そこには、問題点はいくつかあると思うのです。
・自分だけが得意なわけではない
・好きなことと勘違いしている
・得意なことがたくさんある
・得意なことがよく変わる
・得意だと伝えていない
・得意なことの中の苦手を克服していない
・結果を出せるところにいない
・結果を急いでいる

これらの得意なことで結果を出したいのに出せない問題を一つずつ解決していくと、結果を出すための大事な視点が見えてきます。

どれくらい得意なのか…ということです。

どのくらい得意なのかが見えて来ると、自分が頑張るべき場所が見えて来ます。

得意なことがわかると結果の出し方も見えて来る

占星術には、自分の得意なことを教えてくれる星があります。
それは、水星です。
水星が何座にあるかを見ると、自分の知性、才能、技能がどんな方面において得意なのかがわかります。

12星座占いや星占いでは、本来の自分の星座に書かれている「向いている職業」というのは、目指すとよい職業という意味合いが強いのですが、水星が何座にあるかもわかると、実際の手順や物事の組み立て方、学習の仕方、コミュニケーション力、発揮の仕方など、具体的な能力の使い方がわかります。

8ecd88c65f9bc8925924ba37690f5019_s

12星座別に水星が示している自分の能力(知性、才能、技術)について書いてみます。

【牡羊座】
新しい分野に飛び込んでいける勇気があるので、人より先にやってみることができる。
集中的に短期間でできる方法が向いている。

【牡牛座】
よく吟味して、ゆっくりマイペースで、じっくり時間をかけて取り組むことができる。
忍耐力を活かして一つのことを長く続けられる。

【双子座】
情報に敏感で、好奇心旺盛なので、知り得た情報を多角的に伝えることができる。
誰にでも分かるように教えることに向いている。

【蟹座】
真似て再現する能力が高く、養育的思考も加わり、繰り返し実行することができる。
感受性豊かな才能を発揮する方法が取れる。

【獅子座】
創造力を働かせ見せ方に工夫し、自分にしかできない方法に作り換えることができる。
華やかで人目を引く演出をすることに長けている。

【乙女座】
効率的に物事を運ぶために、正確に、勤勉に、観察眼をもって取り組むことができる。
実用的に役立つよう細かい部分を見て実行していく。

【天秤座】
バランス感覚に優れ、自他の調和を図りながら進めていく方法を取ることができる。
正義感が強く、公平さを重んじた思考を持っている。

【蠍座】
一つのことに集中するし徹底的に関わりながら、ひたむきに続けていくことができる。
隠されているものを洞察し見抜くことに向いている。

【射手座】
異文化を取り入れ、積極的に学問の探究に関わり、幅広い分野に精通することができる。
楽天的で退屈しないように工夫することに向いている。

【山羊座】
評価を得るために有効的である方法を取り、目標を定めて進んでいくことができる。
粘り強く、堅実な考えで結果を得る方法が向いている。

【水瓶座】
独自性のある論理的思考で、革新的で視点をもった常識に捉われないやり方ができる。
自分の個性も他者の個性も尊重できる方法が向いている。

【魚座】
事実だけで判断するのではなく、見えていない部分も想像しながら考えることができる。
情緒的イマジネーションを働かせることに向いている。

水星で能力の傾向がわかると、こんなこともわかってくる

12星座別に示した通り、自分が得意な能力傾向がわかると、お誕生日の星座に水星の能力傾向をプラスして考えることができます。
お誕生日の星座は、性格や人生の目標などを示しています。
そこに、水星のどんな能力傾向かが加わると、その能力が使える場所や職業、学校、団体ってどんなところ?という答えを見つけることも可能になります。

Family tree sketch for your design

Family tree sketch for your design

 

例えば、看護師という職業が向いているとします。
しかし、看護師の方が働く職場にも色々なところがあります。
もし、その人がお誕生日の星座が乙女座で、水星の星座が水瓶座だったら、乙女座としては技術力を役立てられる仕事がしたいと思うでしょう。
でも、水星は水瓶座ですから、独自性が活かせて革新的な仕事で能力を発揮するとよいということになります。
では、どんな仕事、職場がよいということになるでしょうか。

①アットホームな個人病院がいいのか
②地域医療に従事する総合病院がいいのか
③大病院がいいのか
④世界規模のネットワークで先端技術を取り入れた医療を行っている病院がよいのか
⑤国境なき医師団のような救済活動に参加するのがよいのか

お誕生日が乙女座であれば、安定的な日々の暮らしは確保しておきたいでしょう。となると、⑤のように拠点が定まらず飛び回ることには抵抗があると考えることができます。
次に、水瓶座の水星が加わると、どんな能力の使い方がプラスされるでしょうか。
水瓶座は、先で述べたように革新的な方法を取ろうとしますから、きっと④を選択する可能性が高くなります。
①~③でも、同じやり方を守っている病院よりも新しい方法を取り入れている病院で仕事をする方が、得意なことで結果が出せるようになるでしょう。

お誕生日の星座×水星の星座=目的達成のための方法(能力傾向)

今回は、自分の生まれた時の星座に水星の星座の示す能力傾向をプラスすると、もう一歩具体的に自分への理解が進み、得意なことが活きるように環境を整えていくことができるようになるということをお伝えしました。

占星術では、10天体(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)が、何座かを調べることで、どんなテーマでそれぞれの天体の傾向を活かせばよいのかを調べることができます。

調べるには、ホロスコープを作成してください。(参照ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です