今週の星占い(3月8日~14日)+アスペクトのワンポイント解説:占星術/ホロスコープ

3月8日~14日

今週は、月が蟹座から、獅子座、乙女座、天秤座へと移動していきます。

12日午後12時前には、乙女座で満月となります。

これまで続けてきたことが認められたり、身につけたことを仕事に役立てられるチャンスに恵まれるかもしれません。

今週は、木星と天王星180度が継続して形成されているところに、冥王星が水星、太陽と60度、続いて木星と90度を形成することから、想像力を働かせ物事を見る視点が与えられ、厳しい対応が迫られ、計画の見直しが必要になりそうな星模様です。

前半は、水星と太陽が0度、そこに冥王星が60度の関係が形成されます。

音楽や芸術などに触れる機会を持つと、仕事や学習に役立つ情報が得られたり、ヤル気につながる効果も期待できそうな時を作ってくれます。

後半は、天王星と木星180度のところに、冥王星が木星に対して90度を形成します。

そろそろ拡大し手が付けられなかったような問題も、解決へと向かう一手が打たれることもありそうです。

どうにもならない状況から抜け出すチャンスと受け取ることができれば、色々なことが整理されていきそうな一週間です。

◇あなたの☉太陽星座と☽月星座を調べるページ

(☉太陽星座早見表はこちら☽月星座早見表はこちら

◇♀金星星座を調べるページも追加しました。♀金星星座早見表はこちら

アスペクトのワンポイント解説

今週は、太陽と水星0度、太陽と水星それぞれに冥王星60度を形成するアスペクトについて書きたいと思います。

言葉だけで説明すると、どんな状態なのかわかりにくいと思います。

図に示すと、次のようになります。

①太陽と水星が0度の関係=「好ましい関係」にも「好ましくない関係」にもなる

※3月8日~10日に形成されるアスペクト

この時、太陽と水星は、魚座を移動中です。

魚座は、哀れみ深さや情緒的なイマジネーションという特性があるので、「見えない部分も大事にする」という解釈ができます。

◇太陽は、公のしているものや目指すところを示します。

魚座の太陽は、現実にばかりに縛られず、哀れみや情緒的な部分を目指そうとします。

◇水星は、思考や方向性を示します。

魚座の水星は、太陽と0度ですから、太陽が目指そうとしていることに対して、具体的な思考や方向性を示し手助けします。

より具体化されることになります。

②太陽と水星0度に、冥王星がそれぞれに60度の関係=好ましい関係

冥王星は、山羊座をゆっくりと移動中です。

冥王星は、不必要なものを判断して、手放す手段を講じます。

山羊座は、合理性、堅実という特性があるので、「無駄なものを排除して実用的な環境にさせようとする」という解釈ができます。

このような特徴のある山羊座の冥王星が、魚座の太陽と水星と60度。

協力しようとする好ましい関係ということですから、「想像力を働かせ物事を見る視点が与えられ、厳しい対応が迫られ、計画の見直しが必要になりそうな星模様」と読むことができました。

**************

アスペクトは、占星術の基礎知識を用いて、その人の感性や想像力で色々な読み方ができます。

学びが多く、占星術をより楽しめる方法の一つです。

星と星の関係から生じるエネルギーを、より良い方向で受け取っていただけたらと思います。

それでは、今週も優しい一週間でありますように。

********************

ご予約受付中:2017年3月のおススメ鑑定日

********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です