今週の星占い(2月8日~14日)+アスペクトのワンポイント解説:占星術/ホロスコープ

2月8日~2月14日

今週は、月が蟹座から、獅子座、乙女座、天秤座へと移動していきます。

11日午前10時には、獅子座で満月となります。

一つのゴールでもあり、求めていた結果が得られる時でもありますので、こんなこと…と、隅に追いやっていたことに注目して、やりきってしまうのもよいですね。

前半は、金星と水星も60度を形成します。
あまり悲観的にならず、とりあえず穏やかで軽やかな気分で受け入れていけそうなエネルギーも流れてきますので、キャッチできるとよいでしょう。

後半は、勢い強くいくよりは、具体的なことや実践的なことに取り組むとよいでしょう。

12日には、長い間続いていた木星と土星60度の関係が解かれます。
土星は、木星に歯止めをかけながらも、現実に乗り越えなければならない試練の局面に立たせる働きをしていました。
この関係が終わることにより、絞られ突き付けられた現実に対して、木星は天王星との180度の関係を保ったまま、いままでの常識に捉われない新しい発想での改革を思い切って進めていくよう促すことになるでしょう。

今週は、太陽が天王星と60度、木星と120度を形成します。
無謀としか思えなかったことにも理屈がついてきて、目指すところがハッキリとしてきそうです。

それによって、関わる人たちが変わっていく可能性もあるでしょう。
別れも出会いも、人生から消えることはありません。
後悔を繰り返さないように、現実から目を逸らさずに思考していけるとよい一週間と考えるとでしょう。

 

アスペクトのワンポイント解説

今週の星占いで、取り上げるアスペクトは、太陽と天王星60度の関係、太陽と木星120度の関係にしたいと思います。

 

①太陽と天王星60度の関係

太陽は、人生の目標を示します。

今週は、水瓶座19度から26度を移動していきます。

水瓶座にあるということは、太陽は、人生の目標に向かっていくには、流されることなく、自らの考えをしっかり持っていることが大事であるという思考傾向にあります。

天王星は、切れ味のよい思考で変化させることを示します。

今は、牡羊座21度を移動しています。

牡羊座にあるということは、天王星は、外にエネルギーを出そうとして、積極的です。

また、そのことに情熱を傾けようとする傾向があります。

今週、太陽と天王星は、60度の関係になります。

60度の関係=好ましい関係で、協力して発展させようとします。

「目標を明らかにして、切れ味のよい思考で変化できるように、協力し発展させようとする」というエネルギーがあるという読み方ができました。

 

②太陽と木星120度の関係

太陽は、人生の目標を示します。

今週は、水瓶座19度から26度を移動していきます。

木星は、心身の成長を望み向上することを示します。

今は、天秤座23度を移動しています。

天秤座にあるということは、木星は、自分を成長させるために他者との関係も洗練し、磨きをかけようとする傾向があります。

今週、太陽と木星は、120度の関係になります。

120度の関係=好ましい関係で、調和して強めて行こうとします。

「目標を明らかにして、他者との関係も洗練し、磨きをかけるために、調和を強くして行こうとする」というエネルギーがあるという読み方ができました。

 

今週も、優しい一週間となりますように。

 

******************

アスペクトは、こうでなければならないというものではありません。

基礎知識に則ってではありますが、星の導きを独創し紐解いていくことができるものです。

アスペクトに関して、参考にしていただけそうな記事には、次のようなものがありますので、よろしかったらご覧ください。

◇星のアスペクト一覧

◇自分でできるホロスコープの読み方6ーアスペクト

 

お問合せはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です