自分らしい人生を創る自分・受け入れる自分/占星術:自分らしく生きる

ドメインを取得して、ワードプレスを使って、このサイトを作成し始めたのは、去年(2016年)の9月。

ブログやHPの移設を含め、サイトの作成を始めてから8ヶ月になりました。

夜、記事を書いていて、初めの4ヵ月はすっかり夜行性、モグラのような生活で、仕事で出かけると「太陽がまぶしい!」虫干しされているような気分になったことを思い出します。

占星術が人生設計に役立つツールだということを知ってもらいたくて、このサイトを立ち上げました。

できるだけ易しく占星術のことを書くことに専念しようと決めましたが、易しくというのは何と難しいことでしょうか。

記事を書きながら、自分に難題を与えたことに気づいたのでした。

私は、太陽が獅子座(火)、月が射手座(火)。

ほとんどの天体が火と風で構成されている人間なので、カタチにしていくためにコツコツと物事を続けるのは、あまり好きではありません。

ただ、獅子座の太陽は、恥をかくのがイヤなので、好きな作業でなくても恥をかかなくて済むように仕方なく準備するのです。

だいたい何事もこのパターンで、恥をかかないために、割と地味な時間を多く持っているように思います。

裏返すと、強そうな振りをしていますが、ホントは自分に自信がないので、準備を入念にしたくなってしまうのです。

ということもあって、サイトを作ろうと思ってから動き出すまで時間はかかりましたが、自分が何をしたいのか、何をしているのか(できること)を言葉にして伝えてみたら、扉を開けてくれる人と出会うようになりました。

ここで大事だったのは、「何をしたいのか」だけでもなく、「何をしているのか(できること)」だけでもなく、両方が揃った時に動き出したことではなかったかと思うのです。

星分析鑑定や占星術講座だけではなく、12星座のネットショップやイベントのプランニングなども行っているので、多種多様なお仕事の方々とご一緒します。

自分にできないことでも、力を出し合うと実現できるようになるということも、最近よく感じます。

また、お客様や受講してくださっている方々も、占星術のことを私より知らないだけで、私の知らないことをたくさん知っています。

サイトへのご助言、情報をいただくことや、自分では難しいと思って棚上げにしていたことへの対処策などを教えてもらうこともあります。

少し前のことですが、「先生のスタイルは「占い鑑定」とは違う気がします。分析なんですよね…なんかそういう言い方がピッタリなんですよね。」という意見をいただきました。

「占い鑑定」とはちょっと違うとよく言われますが、「分析」という言葉を出してもらったことはあまりありません。

何となく、自分でも「占い鑑定」に違和感を感じることがあったこともあって、「占い鑑定」改め「占星術鑑定(星分析)」というメニュー表記にしました。

いままでの人生、一人の方が気楽だと感じることが多かったのですが、自分の苦手なSNSを利用するようになりサイトを作ったことで、誰かに聴いたり、教えてもらったりしなければわからないことばかりなので、気がつけば、色々な人に関わってもらって人生を創っていっている状況になっています。

よく、一人に一つの人生と言いますが、私は車道と歩道、または側道と2車線もしは3車線持った一つの人生を創るのがよいと考えています。

走るか、歩くか、止まるか、

一人乗りか、二人乗りか、五人乗りか…

それぞれの車線をどう走るか、誰と走るかは、人ぞれぞれですが。

 

補足:

日々、自分が感じたことを書こうと思っているブログです。

占星術に関係のないことや占星術の部分に解説がないことがあると思いますが、「自分らしく生きるために」というテーマから外れない内容で書いていくことを目標にします。

お時間のある時に、覗いていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です